フォッズSC NEWS NEWS&BLOG

大宮、与野の合同サマースクールが終わりました。

たくさんボールを触って、蹴って、走って、走って。いいプレーもたくさんあったし、何よりもたくさんの笑顔があったね。

サッカーは「楽しい」でしょ?

でも、その「楽しい」をもっと高いレベルで「楽しめる」ようになるためには、もっともっとボールにさわる必要がある。
それと同時に、パスとコントロール、シュートの質を高めるという努力もしなきゃいけない。
コーチたちは、キミ達の心の内側にある、「もっとボールが蹴りたい、もっと上手くなりたい!」っていう感情に火をつけ、
もっと真剣にボールと向き合えるようになれるように、そのためにはどんな努力も協力もするつもりだよ。

今、コーチが伝えたい事は、
ドリブルやサッカーの技術も当然大事だけど、
それ以上に、もっと「声」を出して欲しい!
もっと、ボールを呼び込んで、指示だって出していい。
FODSのコーチはみんな元気がいいでしょ。
そんなコーチたちに負けないくらい声出していこう。
9月から期待してるよ。

そしてコーチは、
ゲーム(試合)こそが一番の先生だと思っている
「The game is the best teacher」
すなわち、選手はゲームの中で育つ。
選手達は、ゲームから学び、成長する。
ゲームに試合に勝ちたいと思う事で考え、工夫をする。
まず、ゲームがある。
もっと勝ちたいから、もっと楽しみたいから
トレーニングをする。

そしてその中で、
「自分はやれるんだ」っていうことを感じてほしい。
我々はその手助けをしながら、サッカーに対する考えを一緒に育んでいきたい。

保坂信之

_SP44514

日本一忙しいコーチが書いた!業界内での話題作!! 「サッカー小僧」に読ませたい 本 著:保坂 信之(フォッズSCサッカースクール ヘッドコーチ)好評発売中
PAGE TOP