フォッズSCサッカースクールについて

メッセージ

子供でも、大人でもそう。
「自分にはそんな技術も無いし、生まれ持ったセンスも無いから」と諦めがちです。
でも子供なら誰でも持っている才能があります。
楽しむ才能です。
目標がありますか?
まず自分を知りましょう。
強み(長所)は?弱み(短所)は?
足りないところを補うばかりでは、
素晴らしいプレーヤーにはなれません。
どんなトレーニングを行えば、長所をより伸ばせるかを知ることが大切です。
一方で、短所だって長所に変えられることがあるし、何もしなければ長所も弱くなる。
私は子供たちに、
「自分の強みを知ってそれを活かそう。同時に、弱みを強みに
変えいくには、どうしたらいいかという発想を持とう」と伝えています。
保護者の皆さんは、コートでわが子の意外な面を見ることになるかもしれません。
真剣な眼差し、負けず嫌いなところ、無邪気な笑顔・・・。
なにより、子供たちの楽しむ才能を磨くのがフォッズSCサッカースクールです。
ヘッドコーチ 保坂 信之

スクールコンセプト

サッカーが楽しくなります。

コートでは、「普段見せないような真剣な顔」や「普段見せないような無邪気な笑顔」がたくさん見られるはずです。
その理由は、コーチたちが皆“現役プレーヤー”で、子供たちと一緒にボールを追いかけていること。そして、サッカーが楽しくなるオリジナルメニューの開発と、コーチングスキルの向上に日々心がけているからです。
楽しいから頑張る、頑張るからレベルアップする、レベルアップするとチャレンジする。
サッカーが楽しくなることは、困難に立ち向かう力を身に付けることに繋がるのです。

子供たち一人ひとりの“もっと、もっと”を大切に。

スクールを終えた子供たちは、思い切り発散したすがすがしさに溢れています。もっとゲームをしたい!もっとゴールを決めたい!もっとドリブルしたい!子供たちの欲求はさまざまですが、満足いくまで走らせてあげたいと思います。帰宅した子供たちは、食欲も旺盛で、夜もぐっすり寝られるでしょう。

頼れる安心なコーチ陣です。

子供たちは、たくさん褒められたいし、たくさん名前を呼ばれたい。
たくさん褒められた子は、自信がつき、人に優しくなれます。
たくさん名前を呼ばれた子は、繰り返しチャレンジします。
学年や性別に係わらず、性格や運動レベルに応じて、一人の子がたくさんボールに触れられるように考えてコーチングしています。
ヘッドコーチは、プロの指導者として全国を飛び回ってきた保坂信之。
サッカー界で高く評価され続けている彼の指導メソッドを体験してください。

エンブレムについて

あらゆるテクニックを凌駕する、ドリブルモンスターと化して、前へ前へと力強く攻める姿を表しています。
また、原石の破片である才能が磨かれ、勝利の王冠を戴いた黄金色に輝くダイヤとなり、世界へ飛び出せるよう願いを込めています。

日本一忙しいコーチが書いた!業界内での話題作!! 「サッカー小僧」に読ませたい 本 著:保坂 信之(フォッズSCサッカースクール ヘッドコーチ)好評発売中
PAGE TOP